※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

泡沫と飛沫  作詞/288スレ172

記憶にも美しく
思い出はとてもゆっくりと
泡沫の様に消えてゆくけれど
その飛沫が口付けをするから
痛みと愛しさは比例して
貴方の泣き顔も
貴方の笑い声も
頬に、額に、唇に、戯れた愛も
いつか消えてゆくのなら、と
手離した全てを
それでも事実は許さなくて
まだその端々に貴方が残っているから
私は泣きながら
私は笑いながら
愛おしむ程憎く
切なさに哀を
貴方の面影に口付けを
全てが終わるのなら
貴方の腕の中が良い、なんて。