※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

彩の河原  作詞/無楽

一夜ふた夜と過ぎゆくは
積んで重ねた石のよう
崩す音聞く夢の中
起きて溜息闇に浮く
今は夢でもいつに来る いつか来る日の音を聞く

積める時間は長くとも
崩す時には指ひとつ
いつに崩すか崩れるか
崩されるかも知らぬまま
父と母とが積んだ石 ともに手を取り選ぶ石
形いびつで 色もない 
それを手に取り 泣き喜ぶは 
石を積むため 僕に会うため