※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

さくら  作詞/ 286スレ165 (VIP突発他スレ転載)

「さが子、今日も良い天気だな」
ニートになってからの俺の唯一の日課といえば、庭にある枝垂桜の木に話しかけることだ。
俺とおなじように、もう何年も咲いていない桜だ。
枝をたらしてうな垂れている様はまるで俺のようだ。
もしこの花がさけば俺もやりなおせるような気がして、世話をしてきた。
「さが子・・今年は頑張ろうな!!」
サガ子の枝が風ゆれて、返事をしたように思えた。
桜が開花する時期がきた。
サガ子はいままでと同じように、つぼみをつけなかった。
ある朝 起きてすぐ、さが子の様子を見に行った。
 ・・・やはり なにもなかった。
つぼみをつけていないのだからあるはずもない。
俺はうな垂れて家に入ろうとした。