※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

四季揃う  作詞/無楽

華の色をやつすのは
君の染めた頬と知る
雪の色を宿すのは
君の細き白き指
顔もあわせぬ君に見る 四季の彩り夢うつつ
頬に見る春 指に見る冬 夏は秋はと探す恋
君が隣座る時
顔をあげれる向日葵と
顔をかしげて揺らす髪
風に遊べるススキにて
揃う四季には二人いる 染めた頬から始まる日々は
一夏の身も 秋の夜長も 悲しさみしくないという
君の指先のる冬は いつか必ず来る時諭す
華に例えど 蝶に例えど 決して戻らぬ理を