※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

セツナ  作詞/タマムシ

頬をつたう セツナ色のナミダ
冷たくて でも暖かくて
呼ばれてた ずっと呼ばれてた
キミの心の奥から…
袖に絡む 指に気づくことはない
諦めのせいかもしれない
追いかけたキミの背中はまだ セツナの色だった…。
気づいてくれたの? 気づいていないの?
そんな問いかけにさえ
答えてくれない 答えられない
目を閉じたままキミは
両手をあわせ 眠ったように
優しく微笑んでいた
ナミダ流す僕の腕にキミの冷たく肌が触れた…