※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

音の波  作詞/にんぢん

真っ赤なグロスを光らせて
黒いハイヤー飛ばしてる
真っ赤なドレスを靡かせて
黒い扉を叩いてる
心に映る音の波
波紋を残し消えて行く
紙で出来た男なら
心の炎で燃やしちゃう
雨の日の夜少し鬱
こういう日には音を感じに行きましょう
紙の男たち蹴散らして
音の波に身を任せましょう
瞳に映る光の波
残像一つ点いては消える
鉄で出来た心なら
心の熱で溶かしちゃう
心に映る音の波
波紋を残し消えて行く
紙で出来た男なら
心の炎で燃やしちゃう