※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

無題  作詞/284スレ68-69

君がいなくなったあの日から
僕の城が崩れてく
大事な友達だったのに
君等に強く当たる僕は
弱いですか?
小さいですか?
愚かですか?
君がいなくなったあの日から
僕等の城が崩れてく
大事にしてるつもりだったけど
君は違う人を選んだね
何で嘘付くことがあるの?
何で本当の事を言わないの?
あんな事をしなければ
僕は君の隣で笑ってられたのに
頭が凄く痛いんだ
君を見つめられなくて
息が凄くしにくいよ
君の声が耳障りで
君は最低な女だね
誰にでも甘えて腰振って
君は最低な女だね
嘘だけは付かないでと言言ったのに
これで僕は君を嫌いになれたかな?
でもまだ、心に穴は空いたまま