※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

亡霊ではない  作詞/284スレ37

互いにあの場所に行くには理由が必要だった
とってもシンプルで愛に似ているものが
思い出は閉じたまま
足の裏では太陽が正しく廻っている

君の柔らかな皮膚の下で死が安らかに息をしている
時々青白く現れて眠りではないと教えている

人一人愛すにはお堅い決心を持つべきだった
運命に愛されたあの人だったのならば
幸せのまま目を隠し
此処じゃないところでも骨は白いままだったのかな

僕の薄い皮膚の下でも死がひっそり眠っている
風のように巡って永遠ではないと囁いている
誰も少しも気がつかない