※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

春の降る冬  作詞/無楽

春よ来い 早く来い
一人去れるの弔いとして
春よ来い 早く来い
わが身辛さで枯れゆく前に
華に例えど 蝶に例えど 幾とせに舞ううたかたの日
浅き眠りの傍らに添う 春の逝くより儚いモノよ
冬よ来い 早く来い
これが常だと知っているから
冬よ来い 早く来い
二度と桜が降らぬよに
雪とたわむれ 頬を染めるは 二度と廻らぬ日のたむけ
指がかじかむ 手の震え 二度とあの子がさわれぬように
晦日の晩の鐘の音に ひとつふたつの鐘の音に
ちぎり投げ捨て舞わせて散らす
二度とあの子に会わぬ世に