※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

遠い背中  作詞/282スレ20

夕暮れ一人 家路を急ぐ
私の横を 駆ける自転車
好きな背中は みるみる離れ
冷たい風が 二人を阻む
私の瞳に 映るのは
いつだってそう 後ろ姿
舞い散る雪を 右手で払い
巻いたマフラー きつく締める
いつか いつか 真正面から
彼と 彼と 向かい合えたら
きっと きっと 伝えられるよ
ずっと ずっと 抱いてた気持ち
さよならは 言えなかった
言ったなら もう二度と
帰らない そんな気がして
ただ影を 見送るだけ