※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

水郡線 作詞/にゅる 作曲/HUG

聞こえない音に耳を傾けた
静かな沈黙が少し苦痛で
待ち人来ない 夕暮れの無人駅
発車時刻は午後五時丁度
笑い声も聞こえないホーム
左手の鞄がやたらと重くて
君との距離は踏み出した足が語る
言葉にするなら「もう二度と」
懐かしくもない景色が窓に写り
それを懐かしんでいて
訳の分からない感情が湧き上がり
ふと窓から目を離した
無感動である事を大人だと思ってた
それなら大人になんてなりたくなかった
でも今は違っていた
こんな気持ちにはなりたくないから

音源



(このページは旧wikiから転載されました)