※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

僕ひとりだけ  作詞/279スレ333


朝はやく学校に着く 教室は僕ひとりだけ
ふと外を見下ろすと 葉を身に纏うこと忘れた木
桜が咲いていたあの木を見るのも今年で最後

僕ひとりだけ いつも友達の輪に入れなかった
僕ひとりだけ いつも友達の輪に入ろうとしなかった