※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

時計無くして  作詞/無楽

時の過ぎるを気づくため 時計見ることやめた日は
なにで悟るか時間たつのを 長い一日始まるを知る
風が舞わせるひとひら見ては それの落ちるに時を見る
雨が落ちゆく夕立見ては 土のにおいに夕暮れを知る
宵の口にて風鈴あれば それの揺れるをまどろみに見る
あせり立つ瀬がない今も 泣いてたたずみ崩れて眠り
夢見心地ですだれ越し見る 夏はいつでもあの頃の夏
針が動くにせかされ走る 狭い場所での大立ち回り
湿り暑くもスーツを脱がず 走るその背は何を追う
セミをおいたる日の足は 今の僕より楽しげに行く
あせり立つ瀬がない今も 泣いてたたずみ崩れて眠り
夢見心地ですだれ越し見る 夏はいつでもあの頃の夏
時計見ずとも春がきて 夏が迫るはときめける
針を追わずも秋を知り 冬を迎える新年の祝
一歩進んで二歩下がり 足を見れればあの頃の足
傷だらけでも止まらず走る 理由ある時疲れを知らず
二度と戻らぬ夏の下 虫かごにみた我が身の行方
かごの口あけ飛ばしてみれば 羽根を広げる青空の下