※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

愛の流動  作詞/277スレ57-58

月に照らされ 光るあなたの体に
そっと指を撫で下ろす
月に溶ける空のように
あなたの体と共に果てたい
あなたから毀れ出した愛が
僕の手を濡らした
天使が迎えにきたら 教えて欲しい
ああ 僕の中で君が溢れそう
さあ 少しずつ 少しずつ ひとつになろう
あなたの唇で 癒されたい
あなたの証を 僕に刻んで欲しい
月は雲に喰われ あなたの体も闇に消え
僕の愛が溢れ出すその時がきたら
あなたに教えるから
ああ あなたの中で僕が溢れてる
さあ 少しずつ 少しずつ ひとつになろう
そして ベッドの端で果てよう
ああ あなたの中に僕が入ってく
天使が悪魔になろうとしている 今の内に
ああ 僕の中で君が溢れてる
さあ 少しずつ 少しずつ ひとつになろう
そして シャンデリアの光の中へ
ああ あなたの中で僕が溢れてる
さあ 少しずつ 少しずつ ひとつになろう
そして 闇と共にあなたの中へ