※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

カルマの樹海  作詞/277スレ36

羽根なんて要らないの私は天使の様に気まぐれには成れないもの
翼なんて要らないの私は悪魔の様に淫らに囁けないもの
この脚で歩くわ産まれ落ちた瞬間に背負った業があるから
樹海の様に入り組んだこの心
月明かりだけを道標に目指すのは遥か彼方に在る大成
一晩の微熱は恐ろしく私に狂おしく求める様に囁いたの
一別の視線は嵶やかに私のこの胸のしこりを砕いたの
醒める事なんて無いわ私が在る事は夢幻ではないから
樹海の様に入り組んだこの心気が付けば恋をしていた
道標にしていた月明かりその灯こそが私の愛すべき存在