※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

世知の地に。  作詞/271スレ337

虚無に包まれた夢の中 何もかも虚しいなんて落ち込んで
奇麗事だなんて笑わないで 本当は分かってるんでしょ?
また目を逸らして逃げようとしてる
誰かが繋ぎとめてた物ぶち壊して
罪悪感の頂上で終わりを謳う
冷たい壁に頬寄よせて呟く
全部嘘だって言って この世界が終わる前に
押して駄目ならなんとかって それって単なる消去法
全部夢だって言って この夢が覚める前に
夜が明けるまで抱きしめるから 君はそこで笑っていて。