※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

白いため息  作詞/269スレ49

隠そうとしてた ため息が
白く染められ バレた
お前の顔が赤いのは
外が寒すぎるせいだろ
俺にとっては好都合
悟られずに喋れるし
お前が後ろからやってくる
そんなのわかりきっていたさ
そのためにゆっくり歩いて
わざと追いつかれたんだ
白いため息はすぐに
見えなくなるけど
お前は俺がずっと
見失わずに眺めてる
しもやけみたいに
むずかゆい
この気持ちはなんだろう
水染みた靴より先に
爽やかにしておきたい