※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

揺れる  作詞/266スレ256(避難所スレ28)

珍しく早朝に目覚めたあの日テレビ画面の上の白い文字
吹き飛ぶ眠気受話器つかんで震える指でプッシュフォン
「回線が混み合っています」テープの声に祈る気持で
夜明けを待って公衆電話に走ったあの日君の声遠く
一瞬が永遠をかっさらい永遠は一瞬で時を止め
赤く黒く白く灰色にすべてを塗り替えた
四角い箱が映し出す現実はたまた悪い夢
奇妙にねじれた風景に立ちすくむ
ただただ生きていて生きていて生きていて生きていて
それだけを祈ってた
灰色の紙が伝えてる現実はたまた悪い夢
小さな文字列必死で目を走らせた
ただただ生きていて生きていて生きていて生きていて
それだけを祈ってた