※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

君の心が響く  作詞/266スレ128

いつもなら ふざけあい 喧嘩になってしまう 玄関に 置き去りの スニーカーが微笑む
裸足なら 本当は すねているだけなんだ 少しだけ ダッシュして 君を引き止めた
ごめんよ 言い過ぎたよ 戻っておいで
涙を こぼしている 君を抱きしめた
何度でも君の願う ドラマを演じるさ
試してみたい気持ち 少し分かるから
いつもより 大人びた 化粧している君は この部屋に 似合わず 僕は戸惑っていた
素顔なら 飾らない 君が見えていたのに 立ち上がり 背を向けた 君を止められず
ごめんよ 何も言えず 見送るだけで
本当は 笑っている 君が好きだった
これからは君の願う ドラマは終わりだよ
試してみたい気持ち ついて行けないから
硬いヒールの音が ドアの外に消えてく
振り返らないと決めた 君の心が響く