※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

65番  作詞/265スレ19

寒さが、僕の声を途切れさせて
君の背中追えずに、一人きりで震えてる
文字を打つ手が時折躊躇われて
メール音に戸惑い 溜息で目を塞ぐ
声が届くなら、ぽっかりと空いた左側へ
少し冷たいよ 二人分の椅子は
くすんでいく画面の向こうには、笑い声だけが残る
何故思い出すんだろう 世界の終わりを迎えたような
重なるのは君の手じゃない 心臓は鼓動を奏でずに
どれだけの部分を君の笑顔が、占めていたんだろ
積み重なったままの本と涙を抑えて打ち続ける僕
誰かに救って欲しかった 送れない安価メール