※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

星降りの夜  作詞/256スレ35 作曲/('A`)モヲトコ

丘の上で星降りの空見上げて待ちぼうけして         思い出しては辛くなるんだ 手を振った最後の映像が
生まれたことを初めて疑問に思ったりもした         僕に向けてた合図だったの? 星の川が流れてく
手をかざして見えなくなる そうすれば痛くない       そこに今も君はいるんだろうか
最初からなかったと思えば、何も痛くない
                             君は、遠くへ 僕を置いて行ってしまうんだね
何かがそこにはあって、それが何か分からずに        それが答えなんだろうと、僕は奥歯噛み締める
君と一緒に名前を付けたね また笑ってよ カンパネルラ   僕は、君へと 届くようにこの川に流してく
                             目を閉じて少し泣いてみた さようならだねカンパネルラ
君は、遠くへ 僕を置いて行ってしまうんだね
それが答えなんだろうと、僕は奥歯噛み締める
寒空は震える僕を見下ろし幾千の輝きを集める
見つけたあの星の名前は君が教えてくれたんだっけ
星座盤見ながら数えたあの日の思い出が
今振り返っても見えない 僕も壊れてしまうんだ
少しだけ笑ってくれた、その意味を探してた
僕の頭じゃ足りない こっちおいでよ また手をつなごう
君は、遠くへ 僕を忘れてしまうんだね
この距離が物語る、僕はあの列車を探す

音源