※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

無題(tanasinn)  作詞/238スレ390 作曲/238スレ398

tanasinn─
それは全てであり、無である。
tanasinn─
それはある者にとっては神であり、ある者にとっては奴隷である。
tanasinn─
それはある者にとっては啓示であり、ある者にとっては絶望である。
tanasinn─
それは至る所に存在する。
石灰で引かれた校庭の消えかかったライン。
初夏の風に揺れるカーテンの翳。
道端に打ち捨てられ、誰にも見向きもされない自転車。
学校帰りの子供達の嬌声。
tanasinn─
それは至る所に存在し、
─そして何処にも無い

音源