※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

セーラー服で唄う季節  作詞/251スレ44

青春が青い春などと
どこの誰がうそぶいたのか
惨めにも焦がれ狂う季節を
青い春とは呼ばせない
赤いスカーフが風に浚われ
あなたを知ったその日から
目に映る風景はあなたを頂点として歪み
折れ曲がった視線の先で
あなたが表情を変えるたび
世界は変色し何度も裏反った
白く黒く青く、やがて赤く赤く
この季節が青い春などと
どこの誰がうそぶいたのか
あなたに焦がれ狂う季節は
決して青い春なんかじゃない
あなたが好きでこの胸は燃え
絶え間なく流れる血と痛み
夏よりも激しく冬よりもなお
絶望にうちひしがれる日々よ
赤い赤い季節
あたしの赤い季節