※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

冬櫻  作詞/247スレ40

舞い散る雪に降り込められてまだ遠い春想います
しんしんと雪また降り積もり息が苦しくなりました
君を攫って世界の果てへ そこには楽園ないけれど
君を攫って世界の果てへ 待つのは絶望だけだけど
繋ぐ右手の温もりだけが駆ける僕らの幸せでした
震える右手の温もりだけが逃げる僕らの現実でした
世界の果てのその先の櫻の下で散って終わるが花でしょう
世界の果てのその先の櫻の下で散って終わるが夢でしょう