※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

無為に凍える感情 流れ逝く日に嗚呼  作詞/238スレ267

今も未だ隣の温もりがただ離れずにしがみ付いて
目が覚めて初めて気付く 都合よく美化された過去
誰が不幸だと?意味もなく泣き叫ぶ声に 嗚呼 君が浮かぶ
嘘を嘘で覆い、そこに優しさを与えては
君は泣くのだろう この距離が意味を持つ
嗚呼 赤く塗り返した遠くに見える揺らめきは
嗚呼 戸惑う事無く壊して ねぇ 壊して ねぇ ねぇ
嘘を嘘で覆い、そこに優しさを与えては
届くまで叫んだ 届かぬとも知らずに
愛や夢や心を、いつ捨てれば痛くない?
僕は泣くのだろう この距離で君を待つ 待っている
待っている 待っている