※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

存在価値  作詞/237スレ44

授業中 隣の子を見てみると遠かった
一番端の子から何か伝わってると思ったら 僕だけ来なかった
いつも一人だって知っていたから休み時間は本当に眠る
寝たふりする時もあるけど大抵バレて陰口の嵐
上靴が隠されても教科書に落書きされても探さなかった 探せなかった
忘れるということを忘れた僕達は悩むしかない