※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

白 作詞/隣のあの子

~白昼~
新月と共に揺れる水面に落つる花びら
矛盾の様に並ぶ足音、今宵も鐘を叩く
その背中に頬寄せて 涙雲が通り過ぎるまで
残酷にも時は流れて どうか永遠にこのまま…
~白夜~
洒落女 御犬子供 身分弁え共に揺れ
舞々虫は舞っている 水面に咲いた華の様
その人は襖の向こう 行燈がせせら哂うから
三度愛玩享けましょう 腐朽した青朽葉綺麗デショ

(このページは旧wikiから転載されました)