※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

愛しのマリー  作詞/236スレ647

1 いつまでも君を撫でていたい でも僕の頭は君が足りない
  歩いているとき       遊んでいるとき
  風呂に入るとき       寝ているとき
  君がいないからか      僕の体に穴が開いている
  肌色の体に触れたとたん   君のぬくもりが僕に広がってく
  スベスベな体を触ったとたん 心は空へと舞い上がる
2 いつまでも君を食べていたい  でも僕のお腹は君が足りない
  VIPしているとき        オナっているとき
  腹が減ったとき        暇なとき
  少し安いからか        君の体に穴が開いている
  肌色の体をかじるとたん    君の風味が口に広がってく
  スベスベな体を飲み込むとたん チンコは空へと舞い上がる