※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

サウザンドランド  作詞/234スレ485

浮かぶ無数の島
現れては消える
僕は途方もなく
指でつついてみる
瞬間の感触 なにもない、何も聞こえない
空は途方もなく広いけど
そこから何か掴めるとしても
霧が晴れ、雲を口に含んで
壊れた地図の上で眠りたい
まぶしい風、雨が止むまでどうか
1000の島の下で眠りたい