※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

きつねのあかりが咲く頃に  作詞/あくし

さっき転んだ赤いお皿は
割れてないか?抱き留められたか?
お手て握って潰す羽虫は
泣いているか?聞こえていたのか?
ほらみろ、空は燃えてしまった
繕った教えはもう腹の中
そのまま、海は食べてしまった
寄添った季節はもう月の裏
咲いて誇れ その心に
毒を侍らせて笑っていた
きつねの灯(ひ)が咲く頃迄
首を手折(たお)らせて
朽ちて誇れ 指の先へと
犯し往き過ぎて泣いていた
きつねの灯が咲く頃には
知らぬ顔して手折らせて