※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

俺の曲に詞をつけてくれ No.082  作曲/駆け出し



終われない螺旋の時  作詞/jas39

ドアが 開くたび 吐き出される人と 飲み込まれてく人が 溢れるサブウェイの人ごみ ざわめく
走り去っていく音が 乾いてる そびえる 摩天楼の 灯り 冷たくて
流れる景色が虚しく 映ってる 何も心には 響いてこない
辿った 影も無い夜路をすり抜け いつも通りの 灯り消えたままの部屋に 帰り着き ため息
ふいに生まれてきた音 掴み取り 思わず 鍵盤鳴らす この瞬間
突然 溢れてきた絵(が) 騒いでる 目覚めて震えだし 広がった
誰だって 独りの部屋で 素敵な事を(or夢中になること) 見つけたら
疲れきった 乾いた心 埋めていくよ(う)に 染み込む
恋だって 疲れていたら 貝のように 閉じこもり
独りっきり 自由になって 包み込まれる この 螺旋の時