※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

顔面糞まみれの犬  作詞/232スレ93

振り向くと
顔面糞まみれの犬
悟った瞬間
そっと犬に手を差しのばした
臭くないさ
君は神聖な子だ
臭いのは俺達
顔面糞まみれの犬は
何かを悟ったように
川沿いの路地を去っていった
翌日、川に行くと
生ゴミの様に浮かんでいた