※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

知るもの  作詞/231スレ552

空の青さに辟易して
ごろりと横を向いた
世界は優しくなくて
心地よく冷たい
道を歩いていたら肩を叩かれた気がした
人の中に埋もれようか
生きているやつらばかりの世界で
雑踏に消える叫び声
誰か僕の心を知りませんか?
夜の世界の王様は
誰にも知られなくて
一人流す涙に
ただ溺れるばかり
泥にまみれたビー玉に光が映り込んでいた
翼を持った自由な鳥
留まる木を知らず飛び続けるだけ
やがて疲れ地に落ちる
大地に溶け初めて生を知った