※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

福袋三丁目  作詞/あくし

石ころを蹴りながら
影伸びる帰り道
木枯らしが吹き荒び
手拭いをきつく巻く
赤い鼻は寒いからと
自分に嘘を吐く
とても風が強いからと
一人泣きながら
夕日に長く影伸ばす
母の背中はとても
大きくて暖かで
僕は渇いた目を擦りながら
赤い箱握り締め
ああ、母さん 元気ですか
都会の風はとても寒くて
あなたが背中が恋しくて
僕は渇いた目を擦りながら
赤い箱握り締め