※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

タイトル未定  作詞/224スレ82

彼の者、万の夜露に濡れ
竹塩で歯を磨き
柔き果実に身を預け
その身の矛で劈く
酒池肉林とはまた昔
人の壁を持て余し
堕落の糸を啄む
滴る甘露は身を焦がす
幾多の英を踏みにじり
才覚泳ぐは雲の如し
新たな柘榴を蔓に干し
破った盾は余幾千
たまには俺もこんな生活
してみたいんだけど('A`)