※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

ゆきうた  作詞/220スレ655

つらなる木々の 街灯り
きらびやかなら 夢でしょう
ちらつく銀の ざわめきに
過ぎた足跡 深いです
吐く息はただ それとなく
閉じた思いを 溶かします
今頃になり 落ちてきた
君と飛ばした 夏の日を
優しいよ
切ないんだよ
凍えて声がふるえちゃうよ
すごくすごく
つのりつもるよ
色褪せずただ ねがった光よ