※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

イブ  作詞/220スレ628

今ならまだ間に合う
夜の街 コートだけ羽織って
零度を切る風が 急ぐ足に絡まる
時間をとめてしまえたらなんて 陳腐な台詞
自嘲が白い息になって街に溶けていく
殺してしまえばいいんだと
すくわれない想い 巡り巡って
ルビーは一際紅く輝く