※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

無題  作詞/215スレ13

誰もが息をしてる この廃れた街の中で
誰かの悲鳴がしても気にしないまま
何故なんだろいつかは 自分の番だというのに
言葉には出来ない様な愛がどこかにあるのならば
君に会いに行くのは一体何故なのだろう
なんで急に甘えたり なんで急に裏切るの
くだらないと誰かに罵られてもわからないのは
あいつらのほうだと言ってやるからいいさ
ワゴン売りされてる様な性格じゃすぐ飽きるから
出来ない約束はしないほうが誠実だと
果たして誰が決めた事なのだろう
なんで時間だけしか心を癒せないの
僕らは息をしてる 傾いた瓦礫の中で
殺しあっているようなしがらみの中で
どこへ流されて行く 大地はここにあるのに