※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

家路  作詞/207スレ166

背伸びした影法師 踏みながら君追いかけ
田んぼ沿いの道を ぼんやりと目に焼き付ける
茜色した空 回る回るアキアカネ
蛙の鳴く声が響き渡る5時の外
今じゃ、舗装道路の続く街で
何かに追われる様に思い出す事も減っていった
温かい手の感触は君以外の誰にもなくて
なんとなく立ち止まったけど、そこには夕焼け空はなくて
不意にただ目を逸らしたら、行き場の無い事に気付いた
遠く離れた僕の傷達 今もまだ残ってるのかな
何かが過ぎ去り
何かが崩れてった
帰ろう そう呟く 帰ろう
温かい手の感触は君以外の誰にもなくて
なんとなく立ち止まったけど、そこには夕焼け空はなくて
不意にただ目を逸らしたら、行き場の無い事に気付いた
遠く離れた僕の傷達 今もまだ残ってるのかな
遠く離れた僕が見た空は、家路へと続く道を見下ろす