※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

秋の空  作詞/207スレ26

夕日に染まる公園で
子供達が微笑みを浮かべながら
揺れるブランコに背を向けて
今日を終えるために
帰る場所に消えていった
夕暮れにすっかり公園も陰り
風に吹かれ揺れる
紅葉が散り行く中で
この空に描かれた
色は何を意味するのだろうか?
無数にある色の中から
選ばれた1つの色は
深い深い物を持ってるんだろうな
空に無数の輝きが光る頃
あの公園には
光と闇の狭間で
迷い 悩む心だけが集い
ゆっくりと傷を塞いでく
山が赤く光るこの季節は
色がゆっくり染まるように
人たちも また ゆっくりと歩んでいく