※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

過去を映す鏡  作詞/206スレ71

西から射した光
東に伸びる影
気が付くといつも
大事な事から
目を背けてた
ゆっくりと陽が昇り
太陽の日差しが僕の身体に試練を与えてる
毎日 汗を流して働いているけど
大好きな人には ずっと会ってないなぁ
あの日 見た夕焼けは
価値を付けられないほど
美しく儚いものだった
今となっては
2度と見れなく
2度と変えれない場所にある
単調な毎日を過ごすと
結果もまた それなりだろう
何かを残したければ
何かに負けない事をやり抜こう