※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

マグロ漁船は君の海を越えて  作詞/199スレ342

息継ぐ事を忘れていた、ふと鳥の声で目を覚ます
目の前に消え行く蜃気楼 懐かしい顔を映し出す
轟音とともに駆け出した 別れの距離など指一つ分
手を振る君泣き顔のまま 目を見れずそっと黙り込む
手紙を書くよ 君宛に送るよ
不確かな存在となった僕に、出来る事と言えばそれくらい
耳元すぐ傍で鳴り響く あの日のままのその時計は
チリチリ弱過ぎる声で鳴く 小さな君の声思い出した
何処まで行くの 君が問うた言葉
昔から一緒だった僕らの、間にあるのはただの青
手紙を書くよ 君宛に送るよ
不確かな存在となった僕を、君はいつの日か失くすだろう
帰るべき場所もない僕に、思える事と言えばそれくらい
待つ人さえもいない僕を、静かに船は運んでいく