※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

鏡の森・続  作詞/A.N aoe

雨の音。
(光線より。後ろは深緑と悲劇を伴って。
絶えず流れる雨色に彼は欲しがらない。もう何も。
光線から。前には新緑と喜劇を伴って。
枯れ木と空は青色に染まり突き抜けて。広がった。)
雨の声。
(鏡を覗いてみれば暗い顔。それを記憶した鏡。
やがては散って枯れた。そして続く明るみ。
足下には光線。森。翡翠の悲劇。全ていつかの記憶。)
人の声。
(記憶はかき乱される。彼ではなく自分に。
それでこそ自由で在れるならば。ただそこには死が。
いつかと変わらない現実。そして彼の言葉。
突き刺さる。鏡の森へ。そして彼はいない。)
鏡の森。
(まだ終わりじゃない。色は語る。いつかと同じ。
嘘を嘘と思えない。まだ引きずっている自由人。
雨色は光線より流れている。いつかと同じ。だからこそ。)
「さぁ、明日へと歩め」