※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

一秒先  作詞/189スレ292

ベッドを並べて眠る日々
霞む眼の端で捉える君
嘘みたいに綺麗な頬に
微かな祈りが胸に立つ
ぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる捲くとぐろ
まるで蛇だね 君の嫌いな
のたくる蛇が捲きついたその腕は
まるで夢幻の枝見たい
もし目を覚ましたら君は何を言うのかな?
最初の約束 覚えてるから
僕は君を見ているよ
最期の約束 守れてるから
僕は君を見ているよ
並べたベッドの片方で
君が終わる一秒先まで
僕は君を愛してる