※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

振り返らず立ち止まらず  作詞/181スレ72

水の星から見えている 名も無き小さな星は
僕には時々遠すぎて 大切なのに見失う
銀河の彼方で放たれた 過去の光が瞬いて
心に映る優しさは 終わった刻を見せていた
 過去が鏡の世界なら 僕は自分を見つめてた
 取り残された夢 置き去りにして
  無理な事だと知りながら 僕は両手を握ってる
  強い熱が 逃げないよう 過去を閉じ込めて
  悩んでいる君だから 僕の姿が見えている
  もう忘れて 振り返らずに 自由に歩いて
水の星から見えていた 名も無き小さな星は
僕にはいつでも遠すぎて やがて見えなくなってきた
銀河が広がり離れてく 未来育む定めなら
心に映る寂しさは 次の世界を見せていた
 今がガラスの世界なら 僕は自分をさらけ出し
 消えてしまった夢 探すのを止めた(orて)
  無駄な事だと知りながら 僕は両手を広げてる
  熱い光 解き放って 未来探し出す
  苦しんでいる君だから 僕の姿が見えている
  もう忘れて 立ち止まらず 自由に輝いて
(育む=はぐくむ、理由=わけ)