※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

現実逃避  作詞/176スレ95

ヘッドフォンを被り大音量でAVを見た あの日の僕は疲れてた
僕「ハア・・・希望のない人生・・・疲れた・」
ヘッドフォンを被り大音量でAVを見て 疲れた僕は気がついた
僕「ああっ!!コードが刺さってねえ!」
気づいた僕はヘッドフォンを地面に投げつけ
現実逃避の旅に出た
両親「・・・・」
僕「声優になりたくて・・・発声の練習してたんだ」
母「なんだそうだったのw」
父「頑張れ!お前が決めた道だ父さんは応援するぞ」
こうなったらいいなと思うけど
僕 声優目指してないから  無理だああああああああ
どうにかならないかと思うけど
今 生きてる実感がするんだ イヤッホオオオオオォウ
とりあえず踊った
僕「やべえ・・・マジでやべえよ・・」
とりあえず踊った
僕「ダンスのキレ・・・マジやべえ・・」
人生を決めた
僕「よし!声優パターンで行こう!」
希望を込め祈った
僕「お願い成功して!!」