※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

マンゴー  作詞/175スレ477

胸を焦がす冷たい液 淫らに滴らせて
どこへ歩いていくの そっちに道は無い
無感情な極彩色 気侭に着飾らせて
底へ飛び込みたいの 決して許されない
差し込む情熱に 身を雪(そそ)がれて
隠しきれない 罪に溺れた
この身の焦熱 意識剥がされて
はちきれそう もうどうにでもして
捕まった私は 染まりきった
甘い 甘い 禁じられた果実
その指で丁寧に 撫でて
激しく感じさせて
捕まった私が わかりきった
甘い 甘い 信じられていた真実
やわらかな生肌に 触れて
卑しく完熟にさせて