※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

大切な言葉  作詞/172スレ27

この手で君を傷つけた
後悔の念でつぶれそうになる僕を君はささえてくれた
It is not painful.
僕のせいなんだよ
It is not painful.
それなのに君は僕のそばに…。
人は大事なものほど傷つけてしまうのかな
そんなことをしてしまう自分自身が憎くて
君に優しい語りかけても届いていないような気がして
思わず涙が頬をつたい止まらなくなった。
君のために流した涙は自分のためでもあるって
そんな事実認めたくない、認めざるえない自分が怖くて
最後に放った言葉は決して自分の為じゃない
なによりも、なによりも、なによりも大切な君の大切な言葉だから
大切な言葉だから…。