※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

暗い少年#2  作詞/一

今までガッコはつまらなかった
それは僕が 壁を作って一人で勝手に孤立してたからさ
あの子と出会って僕のガッコは変わってしまった
楽しくなってしまったのさ
嗚呼 早く休み時間が来ないかな
嗚呼 今日は町田康の話しでもしようかな
嗚呼 嗚呼 嗚呼 胸がドキドキするよ
休み時間 あの子はなんだか暗かった
いつもと様子が違ってた
さぁ いつもの様に楽しいお喋りしようよ さぁ
あの子は言った 転校するの と
遠くの町へと 引っ越すと
折角仲良くなれたのに
楽しい時間も終わってしまう
もっとお話ししたかった
好きだった きっと好きだった…
『最後の日、なんで僕なんかに声かけてくれたの?と聞いてみた』
『そしたら彼女はニッコリ笑ってこう言った』
「君の事好きだったんだよ」
泣いていた