※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

雨上がり  作詞/167スレ104

そうだ 少しだけ とりとめない話しよう
こんな 雨の日に かかわらずどこに行きたい?
どんな ところでも 僕ならばかまわないんだ
だって どうせ君 外は雨って言うから
くだらなく じとじと湿り
胸元が きもちわるいね
僕たちを はたから見たら
「いっそのこと雨に濡れてソレ、流しちゃえば?」
不器用に でもやさしく揺れる
カーテンの隙間に
ふと気づけたら
光が射しこむのかな
それならば もう一度話すよ
どこに行こうか ねぇ
君が良いなら
僕は虹を見に行きたいな